懐かしのエンスー、旧車-レガシーツーリングワゴン2.0GT

14番目の車はレガシーツーリングワゴン2.0GT(5速AT)です。2005年10月に購入しました。今回は久々の再購入です。再購入した車をまとめてみますと、セリカが3台、ソアラが3台、そして久々の再購入です。また、購入した車をメーカー別にすると、トヨタが7台、スバル2台、日産、三菱、クライスラー、ベンツ、BMWが1台ずつということになります。
色はブリリアントシルバー・メタリックです。こまで購入した車の色をまとめてみますと、白系4台、黒系3台、シルバー系4台、ベージュ、ネービー、グリーンが1台ずつとなります。
オプションにSTIのスポーツサスペンション(15mm車高ダウン)の取り付けとフロントグリル変更しました。カーナビはサーフから外して付けました。
燃費は謳い文句通り良く、街乗りで7〜8km弱、遠出で10〜11kmは走ります。
何故、レガシーツーリングワゴン2.0GTを購入したかと申し上げますと、限られた予算で最高のパフォーマンスの車は何かについて非常に検討した結果です。比較検討した車は、スカイライン、フェアレディZ、マークXです。しかし、コンパクトなボディサイズ、300万ジャスト程の価格、260PSのパワー、燃費等を考慮してレガシーツーリングワゴン2.0GTに決定しました。
レガシーツーリングワゴン2.0GTの特徴は走りです。260PSのパワーを実感出来ます。低速域からのトルクが感じられます。高速道路でアクセルを踏み込むとあっという間にリミッターが作動してしまいます。また、ハンドリング、ブレーキの利きも大変満足しています。インテリアやシートもまあまあで満足しています。ただ、ミッションが6速、7速が当たり前の現在、考慮してもらいたい点です。また、エンジンが暖まり辛く水温計が上昇するまでに7〜8分程かかります。
いじったのは、やはり純正の17インチのタイヤ/ホイールでは物足りず、タイヤはDNA GRAND PRIXの215/40ZR18を、ホイールはレアマイスターの7J-18にしました。敢えて、215/45-18は選択しませんでした。225サイズも検討しましたが車の個体によりフェンダー干渉がありそうと考え選択しませんでした。

レガシーツーリングワゴン2.0GT

レガシーツーリングワゴン2.0GT

レガシーツーリングワゴン2.0GTのスペック

車種レガシーツーリングワゴン2.0GT
トランスミッション5速AT
5速MT
車名形式TA-BP5
全長mm4680
全幅mm1730
全高mm1470
重量kg1460
1430
エンジン形式EJ20
種類水平対向4気筒DOHCツインターボ
排気量cc1994
最高出力 PS/rpm ネット260/6000
280/6400
最大トルク kgm/rpm ネット35.0/2400
ブレーキ前ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後ベンチレーテッドディスク
タイヤ215/45R17
アルミ

Copyright ©2009- 旧車から現在まで−車道楽 All Rights Reserved.
運営者>>ホームページ制作-川越市-楽夢