インターネットの設定方法

インターネット接続設定で悩んでいる方々、ルーター接続とPPPoE接続の意味が分からないで悩んでいる方々、
当ホームページをご覧になって少しでもお役立て出来れば幸いです

はじめに

ここではインターネットの設定について具体的に説明します。NTT東日本Bフレッツ(光ファイバー)での接続を前提としています。

ルーター無しの場合

ONUにパソコンを直接接続する方法です。ルータが無いということはプロバイダーから提供されるログインIDとパスワードをパソコンに設定するということになります。パソコンが複数台ある場合は、複数のパソコンへの設定が必要となりますので、ルーターを購入することを推奨します。ルーターが有る場合IDとパスワードはルーターへ一度設定するだけです。
NTTから提供される「フレッツ接続ツール」で設定することも出来ますが、手動で設定するほうが簡単です。尚、この方法でADSLの場合でも設定することが可能です。Windows 98、Windows MEの場合は「フレッツ接続ツール」が必要となり、手動での設定は出来ません。

Windows XPの場合

インターネットのプロパティを表示させ、接続タブにあるセットアップをクリックします。

インターネットのプロパティ

次へをクリックします。

次へをクリック

インターネットに接続するをチェックし次へをクリックします。

インターネットに接続するをチェック

接続を手動でセットアップするをチェックし次へをクリックします。

接続を手動でセットアップするをチェック

ユーザー名とパスワードが必要な広帯域接続を使用して接続するをチェックし次へをクリックします。
これがPPPoEと呼ばれる設定となります。

PPPoE

プロバイダー名などを入力し次へをクリックます。何と入力しても構いません。

ISP名

プロバイダーから提供されたログインIDとパスワードを入力します。その際ログインIDの後の部分@XXXXX.comまで入力します。また、パスワードはアスタリスクで表示されますので間違わないように細心の注意が必要です。

ログインIDとパスワードを入力

この接続へのショートカットをデスクトップに追加するにチェックを入れ完了をクリックします。

完了

再びインターネットのプロパティを表示させ、接続タブを表示させ、ダイアルアップと仮想プライベートネットワークの設定に先程設定した項目があることを確認し、ダイアルしないが選択されていますので、これを通常の接続でダイアルするに変更します。変更後OKをクリックします。

通常の接続でダイアルするに変更

以上で完了です。お疲れさまでした!


Windows 7の場合

インターネットオプションを表示させ、接続タブにあるセットアップをクリックします。

インターネットのプロパティ

ブロードバンド接続をクリックします。

ブロードバンド接続

プロバイダーから提供されたログインIDとパスワードを入力します。その際ログインIDの後の部分@XXXXX.comまで入力します。また、パスワードの文字を表示するにチェックを入れて確認した方が安全です。チェックしないと図のように文字は●と表示されます。このパスワードを記憶する、はチェックがついていることを確認します。
接続、をクリックします。

ログインIDとパスワードを入力

図のようにブロードバンドに接続中と表示した後に接続します。

ブロードバンドに接続中

インターネットオプションを表示、接続タブを表示させ、ダイアルアップと仮想プライベートネットワークの設定に先程設定した項目があることを確認し、ダイアルしないが選択されていますので、これを通常の接続でダイアルするに変更します。変更後OKをクリックします。

通常の接続でダイアルするに変更


ルーター有りの場合

ONU内蔵ルーターないし、ONUにルータを接続し、ルータにパソコンを接続する方法です。プロバイダーから提供されるログインIDとパスワードはルータに設定します。ルータに付属のCDを設定することも可能ですが、手動で設定するほうが簡単です。尚、ここで紹介しているのは少々古いタイプのNTT純正ひかり電話ルータRT-200KIです。他のルータの場合も設定概要は同様です。

インターネットエクスプローラー等のブラウザーを開き(この時点ではインターネットに繋がっていませんのでエラー表示します)、アドレスバーに192.168.1.1と入力しリターンキーを押します。
次の画面を表示します。ここでこのルータのパスワードを設定します。ルータのIDはadminのため、覚えやすいようにパスワードも同様にadminとします。新しいパスワードにadmin、新しいパスワード確認にadminと入力します。この際、パスワードは伏せ字になっていますので、注意が必要です。

最初に表示する画面

パスワード入力後確認をクリックします。

パスワード入力

さらに送信をクリックします。

送信

OKをクリックします。

OK

ログイン画面が表示されます。ユーザー名はadminと入力済みです。パスワードに先程作成したadminと入力します。その際、パスワードを記憶するをチェックしておくと次回の手間が省けます。

adminと入力

次の画面を表示しますので、プロバイダーから提供されたログインIDとパスワードを入力します。その際ログインIDの後の部分@XXXXX.comまで入力します。また、パスワードは伏せ字で表示されますので間違わないように細心の注意が必要です。

ログインIDとパスワードを入力

続いて確認を押し、さらに送信をクリックします。

送信

左側にメニューのある画面に切り替わります。反映をクリックします。
まとめますと、確認→送信→反映、の順序です。

反映

OKを押します。

OK

ファームウェアの更新がある場合はファームウェア更新の画面が開き再起動します。所用時間は260秒です。
無い場合には次の画面を表示し再起動します。所要時間は120秒です。
尚、ID、パスワードに間違いがある場合はエラーとなり元の画面に戻ります。もう一度注意深くIDとパスワードを入力します。数回試みてもエラーとなる場合はプロバイダーから発行されているID、パスワードが失効している可能性もありますので、プロバイダーに問い合わせて見て下さい。

再起動

再起動後、かんたん設定の画面に戻ります。これで完了です。念のためルータのランプを確認します。電源ランプ、PPPランプ、VoIPランプ、WANランプ、CONFIGランプが緑に点灯していればOKです。正常で無い場合はルータの電源を落とし、再接続し再起動させて下さい。普通はこれで正常になります。

かんたん設定


Copyright © rakumu corporation 2004-2014 All rights reserved.