最初にSEOを行う前に検討することとは、
Googleに好かれる事を知ることです。

Googleに好かれる

最初にSEOを行う場合、まずはGoogleに好かれるようなサイトであるように心がけることが大切です。

フレームは使わない

フレームとは画面を上下ないし左右に区切り、それぞれの領域(フレーム)に表示させる機能です。ナビゲーションフレームを固定出来ることからメンテナンス性には大変優れています。ところがSEO対策上、障害となります。何故なら、フレームセットを記述した親フレームにはテキスト情報が無いからです。

トップページでフラッシュに依存しない

検索エンジンが読みとることが出来るのはテキスト情報のみです。フラッシュの内容は読めません。視覚効果を高めるために、メインページの前にフラッシュを設置するホームページを見受けますが、検索エンジンは無視します。デザイン会社などで使用しているのを見受けられますが、SEO的には良くはありません。

縦に長くスクロールするページとしない

縦長にスクロールするウェブページはSEO上好ましくはありません。
ページ数は多いほうがSEO的に有利だからです。
1ページを、ページ分割して、ページを増やすことにより、内部リンク数のアップ、キーワードを増やせるというメリットが生じます。
また、スクロールが短いページの方が閲覧者にとっては見やすくなります。
テキストを詰め込みすぎず、適度に画像等を使うのが良いです。

Googleから検索されるようにする

ホームページを新規に公開する場合や更新した際、より早くGoogleに検索出来るようにしてもらうためにはGoogleのホームページからサイトの登録/削除を行います。
http://www.google.co.jp/intl/ja/addurl.html
よりウェブマスター ツールにGoogleアカウントを作成すると登録することが出来るようになります。
urlをhttp://から記述します。
Googleにインデックス(検索されるような状態)されたかを調べるためには、ホームページのURLをhttp:から入力します。以下のようになっていれば登録は完了しています。

Googleインデックス

Q&Aや良く寄せられる質問のページを作成する

そこには重要キーワードが集まるので、数多くのキーワードから検索される可能性が高まります。また、顧客満足度が向上し、リピート訪問していただける可能性も高まります。

迷惑行為(スパム)は決して行わない

次のような迷惑行為(スパム)は決して行わない。行うとペナルティとして検索から削除されたりする場合があります。

  • 他のページへの自動転送
  • 他のページと似ているページ
  • 不必要な複数のサイト
  • 価値の低い自動生成されたページ
  • 隠しテキストの使用
  • 見た情報と異なる情報を検索エンジンに与えること
  • 極端な相互リンク
  • 同一コンテンツの複数サイト
  • 過度のポップアップの多用
  • 騙すようなページ


Copyright © rakumu corporation 2004-2015 All rights reserved.