初心者のためのSEO講座です。SEOとは
Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化と訳されています

SEOとは

SEOとは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果の上位にサイトやページが表示されるような施策です。

SEOとは

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化と訳されています。
具体的には、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果の上位にサイト、ページが表示されるような施策です。
サイトやブログを例え運営していなくても、インターネット利用者誰もが、インターネットで何かを探す時に必ず利用するのが検索エンジンです。

サイトの運営者であれば、商用、非商用問わず、誰もがそのホームページを多くのユーザに閲覧してもらいたいものです。
そのための方法として、バナー広告、メールマガジンなどがありますが、やはり検索エンジンを使ったユーザー獲得が最も効果的です。管理人のサイトでの結果からすると、80%以上の閲覧ユーザが検索エンジンを経由してきており、検索エンジンの上位に表示されることの重要性を示しています。
検索エンジンの上位表示とは曖昧ですが、出来れば1ページ目、また、極論からすると1ページ目の1番目です。2ページ目以内に入らないと結果を得られる確立は極めて低くなります。

SEOの重要性

タウンページの広告は非常に効果があるとされています。タウンページに広告を載せると、他の広告よりも高い確率で顧客の反応が得られるようです。
何故なら、テレビの広告であれば、関心のある人は別として、関心のない人にも無理やり広告を見せていることになります。
それに対し、タウンページでボタン屋を探している人は、無くなってしまったボタンをどうしても購入したい人です。ボタン屋の広告は、探していたそのもずばりの情報ということになります。

検索エンジンとタウンページは何故か似ているとは思えませんか。
検索エンジンの利用者は、何か探している人です。検索エンジンからの検索結果は、その人が探していた情報となります。
検索エンジンで上位表示されるという事は、高い確率でホームページやブログから発信する情報やサービスを探している人に、提供出来るということになります。 しかも、広告ではないため広告料がかからないのも魅力です。

SEOは簡単?

当サイト内には、「Google Chromeの使い方」というページがあり、検索エンジンからは「インターネットの設定」のというキーワードで1位に表示されています。(2015年4月において)
ところが、Googleで見てみますと、そのキーワードで約751,000件がヒットしています。これから新たにホームページをする場合は、ライバルのサイトは751,000以上あるということになってしまいます。

検索エンジンの検索順位とは、良く見られていたり、良いホームページであるとか、という理由から決まるものではありません。それは「原則」(アルゴリズムと呼ばれるものです)に基づき順位が決まるのです。つまり、その「原則」に従いホームページを作成すると、上位に検索される可能性が生じるということです。
それであれば、誰もその「原則」を解明してしまえば良い、という事になりますが、検索エンジンの「原則」の詳細は誰にも分からないのです。
現在、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを使っています。従い、検索結果は全く同じではありませんが、近い内容になっています。(Microsoftのbingを使うユーザは少ないようです)そのため、Googleについて検証するのがSEOの勉強となります。


Copyright © rakumu corporation 2004-2015 All rights reserved.