デスクトップパソコンにSSDを
取り付ける方法を説明をします

SSDの取り付け

ここでの説明は、WindowsのあるC:のハードディスクと、データ保存用ハードディスクと、ハードディスクが2つ有る状況で、C:のハードディスクをSSDに交換するというものです。従い、C:のハードディスクが一つだけという場合とは手順が若干異なります。最初にデータ保存用ハードディスクを外してSSDを取り付け、SSDをフォーマットし、システム転送を行った後、C:を外し、データ保存用ハードディスクを取り付けてSSDから起動させるというものです。

ハードディスクから電源ケーブルとSATAケーブルを外しシャドウベイを取り外します。

シャドウベイ

SSDを3.5インチサイズ変換ブラケットにネジ留めし、シャドウベイにネジ留めします。ここでは奥の側にSSDを取り付けました。

SSD

シャドウベイを取り付けます。

SSD

手前の空いている方のベイにC:のハードディスクを取り付け、SSDとC:に電源ケーブルとSATAケーブルを接続します。2.5TBのハードディスクは外した間々としておきました。

SSD

SATAケーブルはマザーボードに接続します。組み立ては仮のままとしておきます。電源を入れC:から起動させます。

SATAケーブル


Copyright © rakumu corporation 2004-2015 All rights reserved.