WordPressのインストール手順を
初心者に分かるように説明します

ワードプレスのインストール手順

webサーバーにデータベースを作成する

XREAには「CGIインストール」という自動でインストール出来る機能がありますが、今回は手動で行ってみます。
XREAの管理画面にログインし、「データベース」をクリックします。
「ユーザー名」と「パスワード」を入力し「文字コード」はUNICODEとしておき、「作成」をクリックします。

データベース

次の画面を表示してデータベース作成は完了です。

データベース作成は完了

configファイルの設定

解凍したWordPressのルートフォルダにwp-config-sample.phpというconfigファイルがありますので、このファイルをTeraPadなどのテキストエディタで次の箇所を編集します。
データベース名はユーザー名と同じです。ここでは仮にユーザー名をtest、パスワードをpasswordとします。編集するのは赤い文字の部分です。

// ** MySQL 設定 - この情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'test');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'test');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password');
/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

編集が済んだら認証用ユニークキーの設定を行います。 https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/にアクセスして表示した文字列コピーします。

認証用ユニークキーの設定

次の部分に上書きします。

define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');

以上でconfigファイルの設定は完了です。最後にwp-config.phpとして名前を付けて保存します。

ファイルのアップロード

FTPソフトを使ってwebサーバーにファイルをアップロードします。アップロードの際はパスに注意して下さい。XREAではpublic_htmlがルートになります。一般的にはルートへのアップロードとなります。

install.phpへのアクセス

アップロードが終わったら、ブラウザーを起動してinstall.phpにアクセスします。
http://www.yoursite.com(あなたのサーバー)/wp-admin/install.php
アクセスすると次の画面を表示しますので、サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力して「WordPressをインストール」をクリックします。

WordPressをインストール

次の画面を表示するとインストールの成功を表します。ログインをクリックするとログイン画面を表示します。

インストールの成功

ここからログインすることにより管理画面にアクセス出来ます。以上でインストールは完了です。お疲れ様でした。

管理画面にアクセス


Copyright © rakumu corporation 2004-2015 All rights reserved.